医者と看護師

内臓からくる腰の痛み

腰痛

腰痛に悩まされる多くの人は、腰の骨や筋肉に対して何らかの問題が生じているのでは、と考えるでしょう。しかし、腰痛は腰の骨の変形や筋肉の炎症だけではなく、内臓の疾患によって引き起こされる場合もあるのです。内臓を保護する腹腔は、背中にも近いことから、内臓に何らかの疾患が現れると腰痛として自覚症状が現れる場合もあるのです。主な腰痛を引き起こす疾患といえば、尿路結石や十二指腸潰瘍、肝炎や子宮内膜症などの症状が挙げられます。単なる腰痛ではなく、みぞおちや脇腹なども痛む場合や、通常の腰痛ならば痛みが収まる姿勢でも痛む場合があるため、普通の腰痛ではないと感じた場合は内科へ受診するとよいでしょう。腰痛を引き起こす疾患の中には、腹部大動脈瘤のような突然死を招く恐れのある病もあるため、腰痛の痛み方には注意する必要があるのです。

行徳には内臓からくる腰痛の症状を治療する病院が多くあります。行徳の病院では入念な検査に基づき、適切な治療を行なってくれます。病が初期の状態であればすぐに回復できるため、腰痛の痛み方に違和感を覚えれば、こうした病院へ受診するようにしましょう。行徳などの病院へ見てもらうべき腰痛は、慢性的に強い痛みが続いている腰痛や、食事や排泄などを行なっている最中に痛むもの、さらに発汗や嘔吐、歩行障害などが現れている場合などが挙げられます。これらの症状が現れた場合、通常の筋肉の炎症などからくる腰痛とは考えにくいため、行徳の病院へと診察を受けるようにしましょう。