女医

簡単に検査をしてもらえる

医者と看護師

潰瘍性大腸炎は、下痢や血便などの症状を引き起こす厄介な病です。症状が現れる時期と、収まる時期を繰り返すため、すぐに収まるからと治療を行なわない人もいますが、放置しても治ることはありません。健康ドックなどの検査でもわかるため、下痢を頻繁に行なう人は一度検査してみましょう。

Read More...

腸が詰まることで現れる病

医者と女性

腹部に突然強烈な痛みと吐き気が現れる症状として、腸閉塞とよばれる症状が挙げられます。腸閉塞は名前の通り、腸が何らかの理由で詰まりを起こしてしまう症状です。腸捻転や腫瘍によって腸が狭くなることで、塞がってしまうと発生する症状であり、放置すると便のような悪臭を放つ吐瀉物の排出や、腸の壊死を招く恐れがあるため注意が必要となるのです。この腸閉塞は激しい痛みが現れる時と、症状が収まる状態を交互に繰り返すため、いずれ収まるからと病院へ行くことを悩む人もいるでしょう。しかし、腸閉塞は放置していても治ることはないので、唐突な腹痛やお腹の膨満感、吐き気による症状に見舞われた場合は、すぐに救急車を呼ぶなどの対処を行なう必要があるでしょう。

腸閉塞の症状は二種類あります。手術による腸の癒着によって引き起こされるものと、腸捻転や腫瘍による症状の二種類です。腸の癒着による腸閉塞ならば、保存療法と呼ばれる治療法が利用されます。点滴によって栄養を補給しながら食べ物を断つことで、腸の中を空にして、腸の圧力を下げる治療方法なのです。手術による癒着が原因である腸閉塞ならば、この治療法によって症状を改善させられるでしょう。腫瘍や腸捻転による症状が原因である場合は、外科療法によって患部の切除を行ないます。放置すると閉塞が起きている箇所が壊死してしまうため、医師は素早い検査と施術でこの腸閉塞を治療するのです。腸閉塞の症状が現れた場合は、速やかに外科療法が行なえる病院へ連絡するようにしましょう。

内臓からくる腰の痛み

腰痛

行徳の病院では、背骨の変形や筋肉の炎症からくる腰痛だけではなく、内臓疾患からくる腰痛への対処を行ないます。内臓の異変が腰痛として現れることもあるため、普通の腰痛ではないと感じたら、速やかに行徳の病院で検査を受けるようにしましょう。

Read More...

生活習慣でリスク改善

病院

咽頭がんは上咽頭、中咽頭、下咽頭ごとにそれぞれ現れる初期症状が異なります。喉に何らかの異変を感じる人や、慢性的な頭痛や鼻血が現れる人は注意が必要となります。長年の喫煙や飲酒による生活習慣がリスクを高めるので、習慣を改善することで効果的にリスクを下げられます。

Read More...